近視

近視について

眼球の調整力が落ちた状態のことで、屈折異常の一つとしてとらえられています。本来の網膜上の正しい位置ではなく、より手前に焦点を合わせてしまうことで焦点が合わずにぼやけて見えてしまうのです。

このような状態になるのは、屈折状態がもともと成長とともに変化していくことが原因で、生まれた時の遠視の強さによって近視の度合いが変わってしまうからなのです。