白内障

白内障とは

目から入ってきた光を屈折させ、ピントを合わせる役割を持つ水晶体が濁ることを、白内障といいます。

水晶体が濁ることにより、目に入ってきた光を上手く屈折させることができなかったり、光がうまく通過できないことから、目がかすんだり、やたらと目がまぶしく感じることや、目のピントが合わなくなり、徐々に進行がすすむにつれ、視力が低下していきます。